カンボジアの外国人研修生を雇う魅力

近年、日本の各企業でカンボジアからの外国人研修生を雇用して労働力として活用するところが増えてきています。

外国人研修生の受け入れには、習慣や文化の違い・言語の壁などの理由から慎重な意見も一部では聞かれますが、研修生を受け入れた会社の多くからはポジティブな意見が多くあがっています。


その理由としては、まずカンボジアの外国人研修生の方は労働意欲が高いことがあげられます。

同国の人々は敬虔な仏教徒の方が多く、真面目で勤勉で穏やかな性格をしていますから日本の職場への親和性も高いといえます。

カンボジアの外国人研修生情報はこのサイトにおまかせ下さい。

さらにカンボジアでは若者が国外に出て就労することを積極的に後押ししており、渡航前に最低限の語学研修なども行っているので、良質な労働力として雇用できるというメリットもあります。



同国はちょっと前まで国内が混乱していて、悲惨な戦闘で荒廃してしまいました。

今はそこから立ち上がろうと国民一丸となって頑張っている時で、それだけに勤労意欲は高く、仕事に熱意をもって取り組んでくれます。

研修生を雇用したことで職場内が活性化したという話もあります。


カンボジアの外国人研修生を受け入れることは、国際貢献にもつながる素晴らしいことです。



同国の若者に仕事の知識・技能を教えてあげることは、間接的にカンボジアの復興に繋がっていきます。雇用する企業側としては、その事に関してはあまり意識はしていないかもしれませんが、同国の方々の日本への親近感は確実に高まるのは間違いありません。


将来同国に経済進出する際などにも大きなメリットになりえます。