日本企業の外国人技能実習生受け入れ

現在の日本は、高齢化で少子化の社会となっています。

その様な国の状況下で働き手が不足し、生産人口の減少が大きな問題です。

定職に就かない若者も多く存在し、募集しても人が集まらず企業の存続危機に陥るケースも珍しくありません。これは日本以外の先進国でも同様の問題が発生し、産業界では無視できない状況なのです。
先進国の社会情勢とは異なり発展途上国では、働き手の人口が多いのが特徴です。

東南アジアをはじめとする諸国では、海外の優れた技術を学ぶ為に、外国人技能実習生として先進国に送り出しを行っています。

外国人技能実習生に関するご質問を解決いたします。

海外には日本製が溢れ、自分も技能や知識を身に着け将来に活かしたいと考える若者が多く存在します。日本は関係諸国の政府と協力し、それぞれの国に教育施設の開設を行い一定期間の研修をしています。



そこでは、日本語や習慣を教え来日した際に最低限は困らない様にさせます。
外国人技能実習生として選ばれるには、ある一定以上の能力がある人材だけが採用されます。
非常に狭い門でもあり、優秀な人材が来日する事になります。日本企業にとっては、生産人口の確保が少しでも上向きとなり生産性が向上します。日本人従業員も外国人技能実習生を教育して仕事を教え込む必要があるので、責任感が増し企業メリットが非常に大きいです。実習を終えたら、母国に帰って国の担い手として活躍するのです。



それ以外にも、希望すれば日本企業への就職も可能で両国にとって損が無い事です。