カンボジアからの外国人研修生の受け入れについて

東南アジアのカンボジアからは年間を通じて多くの外国人研修生が日本を訪れています。

いろいろなカンボジアの外国人研修生関する情報選びにぴったりの情報を提供いたします。

国内での賃金が安く、また今後の経済的な発展が見込まれているカンボジアでは、将来的に需要が見込まれる技能を習得して帰りたいという熱意を持った人たちが、日本での外国人研修生としての就労を希望しています。

カンボジアでは政府が主導する形で、外国人研修生の送り出しのための制度や機関が整備されてきました。


平均年齢25歳程度の若くて熱意ある人材を日本へと送り出し、自国の発展に不可欠な技能の習得を支援しています。


こうした背景からカンボジアからの外国人研修生は仕事に対して前向きです。
またカンボジア人の一般的な特徴としては、純粋でおとなしいタイプの人が多いです。インターネットの通信環境が十分に整っておらず、あらゆるモノやサービスが不足している経済状況にあるため、いわゆるハングリー精神が強いものの、すれていない人が多いのも特徴です。



こうした様々な要因が重なった特徴によって、日本の労働環境にはなじみやすく、受け入れ企業の日本人社員への十分な説明を行った上であれば、不要な衝突や混乱が生じることなく外国人研修生としての受け入れが可能な人材が豊富にいます。



経済が発展して慢性的な人材不足が生じている日本にとっては、これからの経済成長が期待できるために熱意のあるハングリー精神が旺盛な人々が就労してくれることは、見事に双方の利害が一致した関係にあると言えます。